うつ病の症状を和らげてくれる抗うつ剤|人によって効果が違う

もしもあなたがうつ病になってしまったら…
レディ

薬について調べよう

うつ病の治療には抗うつ剤が用いられることが一般的です。ただし、種類がいろいろあります。心療内科や精神科を受診する前に、どんな薬があるのか調べてみるのもいいかもしれません。また、薬代や通院代もかかるため、その点も調べておきましょう。

脳内環境の正常化

女性

患者によって異なる効果

うつ病の改善のために服用する薬剤を抗うつ剤と呼びます。抗うつ剤はうつ病によってバランスが崩れている脳内の環境の改善に効果を発揮します。うつ病では脳内の神経伝達物質に異常が起きていることから、抗うつ剤を服用すると、これらの神経伝達物質に働きかけて正常な状態に戻るように働きかけます。医学の進歩により、新しい薬剤が次々と開発されてきています。新しい薬剤であるほど、原因と考えられる脳内の神経伝達物質に正確に作用します。つまり、服用することで治療の効果が高まります。うつ病はこころの病気でもあるので、薬を服用することで効果を患者が感じることができれば患者自身もプラスに考えることができるメリットがあります。ただ、昔から使用されている薬は値段が安いことから経済的な負担を抑えることができます。また、昔から使用している薬のほうが効果を発揮するということもあります。抗うつ剤を服用するときには少なくとも半年程度は継続していく必要があります。なぜならば、脳内の環境を自力で整えるためには時間が必要だからです。短期間で症状が改善したからといって、個人の判断で服用を止めることがないようにする必要があります。この段階では薬の力を借りて脳内の環境を正常化していて、自力で回復することが難しい状況です。焦らずにじっくりと治していくことを患者自身が理解するとともに周囲のサポートも必要です。使用することによって副作用も発生する可能性があります。治療においては、まずは副作用が少ないものから選択します。副作用が少ない抗うつ剤としてはSSRIやSNRIが挙げられます。脳内の神経伝達物質であるセロトニンに関係する薬で、不安や落ち込みといった症状に効果を発揮します。ただ、最初のうちは吐き気などの症状が起こることがあります。また、薬が慣れてきた頃に急に服用を止めると離脱症状が起こる可能性があります。次の段階として昔から使用されている三環系の抗うつ剤が使用されます。さまざまなケースに使用できることが特徴ですが、強い副作用が怒る可能性もあります。一概にどの薬を使用すればよいかは決められないので、どのような症状かを伝えることがポイントです。

ナース

うつ病を治そう

抗うつ剤は様々な種類があります。デパスと呼ばれる薬は抗うつ剤として非常に知名度が高く人気です。また、このほかにも安価で手に入るジェネリック医薬品もあります。自分に合った薬を探すことがうつ病治療で最も重要です。

ウーマン

うつ病を改善する薬

抗うつ剤は医師の診断によって増薬と減薬を繰り返しながら処方されます。薬の効き目が現れてくると副作用も少なくなってきます。これはうつ病が改善しても一定期間の服薬が大切です。再発した場合は前回よりも薬の服用期間が長くなります。

カウンセリング

服薬指導が丁寧なら安心

うつ病も抗うつ剤を飲むことで治療できますので、効率的に治すためにも、服薬指導を適切に行ってくれる病院へ通いましょう。また、処方量や薬の切り替えは、患者の状況報告も医師にとって重要な判断材料ですから、気軽に話せる医師を選ぶことも大切です。

看護師

うつ病の症状を緩和させる

気分の落ち込みがひどく、全く眠れないというようなうつ症状が出ている場合には、すぐに心療内科や精神科を受診しましょう。場合によっては、抗うつ剤で治療をすることがあります。症状に応じて容量や薬の種類も異なるので、医師の指示に従いましょう。

おすすめ関連サイト

  • うつ病サプリ

    さまざまな種類がある抗うつ剤の特徴を詳しく紹介!薬の副作用について知りたいならチェックすると良いですよ。
  • うつアカデミー

    抗うつ剤にはさまざまな副作用が存在します。処方してもらった薬の特徴が知りたいなら専門の情報サイトを利用しましょう。