うつ病の症状を和らげてくれる抗うつ剤|人によって効果が違う

顔を触る人

うつ病を改善する薬

ウーマン

一定期間の服用が必要

精神科や心療内科などでうつ病と診断されると治療薬として抗うつ剤が処方されます。これはうつ病の症状に合わせて増薬と減薬を繰り返しながら使用していきます。しかしこれは医師の指示に従って行うことが大切で、勝手に抗うつ剤の量を変えては副作用が起きることがあります。一度にたくさんの量の薬を服用しても一気に症状が改善するわけではありません。症状が改善したからといって薬の量を減らせばうつ病がぶり返し、以前よりひどい症状が起きることもあります。抗うつ剤の使用を始めると体質にもよりますが眠気や吐き気、便秘などの副作用が出ることがあります。抗うつ剤の効き目が現れないのに副作用だけが出てしまうので不安になり服用をやめてしまう人もいます。しかし薬の効き目は遅くても数週間程度で現れてきて、うつ病の症状も次第に改善してきます。それに反比例して副作用の症状は次第に軽くなっていくのです。副作用がひどい場合は無理に動かず安静にしていることが大事です。また眠気などの副作用が出る人は車の運転をしてはいけません。薬が効かないからといってほかの薬に変えたいと医師に訴える人もいます。しかし安易にほかの薬に変えることはかえって抗うつ剤の効果を薄れさせる原因ともなりかねません。医師のすすめる薬でじっくりと治療していくことが大事なのです。うつ病の症状が改善してきたからといってもすぐに抗うつ剤の治療が終わるわけではありません。服用をやめるとすぐにうつ病が再発することもあるからです。一定期間薬を服用して症状が治まったと医師が判断すれば抗うつ剤の治療は終わります。うつ病が再発した場合の抗うつ剤の治療は、前回より長くなることがほとんどです。たとえば以前の治療で半年程度服薬をした場合、再発をすれば1年以上の服薬が必要になることもあります。うつ病は再発を繰り返す人も多く、かなり長期間の抗うつ剤の服用が必要となるケースも増えています。うつ病になったからといってすぐに医師が抗うつ剤を処方してくれるわけではありません。まず事前に診察とカウンセリングを受け、それによって処方が決まります。