うつ病の症状を和らげてくれる抗うつ剤|人によって効果が違う

顔を触る人

服薬指導が丁寧なら安心

カウンセリング

気軽に話せる医師を探そう

神経伝達物質などの分泌力を高める抗うつ剤を飲むことで、辛いうつ病も効率的に治療することができます。また、抗うつ剤には新旧様々な種類がありますから、うつ病を薬で治したい時は、病院の心療内科や精神科へ赴いて、症状に合った抗うつ剤を処方してもらいましょう。しかし、抗うつ剤は間違った飲み方をすれば逆効果になるため、服薬指導を詳細に行ってくれる病院を選んでください。抗うつ剤は日々服用することで少しずつ効果が出るタイプが多いので、副作用も含めてしっかり説明してくれる医療機関に掛かるのが理想的です。例えば、うつ病の時は感情を司るセロトニンや、集中力とやる気を高めるノルアドレナリンなどの分泌量が下がっており、それらを活性化させるのが抗うつ剤の役目になります。ですが、抗うつ剤は飲み始めてから半月以上しなければ効果が出ないケースも珍しくなく、約ひと月からふた月は様子見の期間が設けられる場合もあるのです。その際、効き目が出ないからと言って勝手に服用量を増やしたり、服用間隔を狭めますと、多量摂取によって副作用の方が強く出たりする可能性があります。その反対も同様で、効果に満足したからと言って、薬を飲むのを独断で止めてしまうことも控えなければなりません。いきなり服用をストップしますと、その反動で新たな副作用が出る恐れがあるため、それらの諸注意を分かりやすく教えてくれるドクターを選ぶのが大切です。そのため、薬を出して終わり、といった説明の少ない病院は避けた方が良いでしょう。そして、処方量や薬の切り替えなどは、患者からの状況報告も医師にとって重要な判断材料になるため、ちょっとした変化でも気軽に話せる病院を選んでください。怒られそうで滅多なことは言えないという先生では的確な治療も望めませんので、病院選びではその点も重視します。そのほか、抗うつ剤は継続して飲まなければなりませんから、薬代が気になる場合は、ジェネリック医薬品を快く処方してくれる病院へ通うのも得策です。幾つかの種類では特許が切れたため、割安な後発医薬品を選べる抗うつ剤も揃っているなど、経済的な負担を抑えたい時に嬉しい薬となっています。